子供の大学の資金のために銀行から教育ローンを借りています

20歳の長男、19歳の次女は年子でともに県外の私立大学の4年大学に進学しました。
生活費は子供たちが奨学金を借りていますが、学費は二人分で年間200万円かかります。
最初の入学金や引っ越しのお金などなどは今までの貯金や学資保険でなんとか支払うことができました。
長男の1年分の学費は貯金で払いましたので教育ローンは借りませんでした。
しかし次女の入学ではとうとう貯金が底をつき銀行に相談し教育ローンでお金借りることになりました。
手続きは難しかったですが、なんとか在学中の4年間は低金利のローンを組むことができました。
そして長男の学費も足りなくなり今は約年間で200万は借りています。
私が病気でアルバイト程度しかできず主人の給料だけが頼りでしたが、最近の不景気で今年度はボーナスも半分になりあてにしていたボーナスが少なくがっかりしています。
子供たちは生活費はアルバイトでなんとか切りつめて奨学金も少なくしました。
しかし学費は毎年必ず請求され期限までに支払わないといけないのでそれまでに資金を用意しなければならず本当にぎりぎりの生活をしています。
食費を削ったり光熱費の節約をしたり本当に子供の大学ってお金がかかるのですね。
こんなことならもっと貯金をしておけばよかったと後悔しています。
本当は国立大学に進学予定でしたのでちょっと考えが甘かったです。私立の県外の大学にいくなんて想定外でした。
今はなるべく貯金しておこうと思い返済まで頑張っています。

突然に急ぎでお金を用意することになった経験談

お金のピンチが突然にやってきてしまうということは誰にとってもありがちですが、私は突然に法事の予定が入ってしまい、東京までの飛行機代や諸費用など15万円程度を明日までに用意する必要に駆られてしまって、とても焦ってしまった記憶があります。
給料日前のタイミングだったので手元にまとまったお金もないですし、一人暮らしで誰にもお金を借りることも出来なかったので本当に困り果てました。
大切な人の法事ですし、参加しない訳にはいかない非常に大事な予定が急遽舞い込んでしまったので、思い切ってキャッシングを契約することにしたのです。
お金の悩みを解決するには、キャッシングを利用するしか無いと思い、私は消費者金融を利用しました。
一度もキャッシングを利用したことがなかったので、実際に消費者金融を利用するまでにはかなり勇気が必要だったのですが、契約してみた結果非常にスピーディーに迅速に申込を楽しめて、驚きました。
最近の消費者金融は無人のお店から契約機を通じて申し込めるタイプのものが多く、誰にも顔を合わすことなしに非常に便利にお金を借り入れられます。
契約開始からたった1時間ほどで非常に迅速に審査してもらえて、大変速やかに多額のキャッシング枠を用意してもらえ、すぐお金を用意出来て助かりました。
今すぐお金が必要になった時は、即日融資に対応している消費者金融を使うと非常に便利だと実感出来ました。
収入証明書など特別な書類も不要で契約出来ましたし、運転免許証をスキャンしただけで手軽に本人確認も完了し、思っていたより簡単な契約で済んだので助かりました。

今すぐお金が欲しいときがどのようなときかについて

今すぐお金が欲しいときは毎月の支払いが迫っているときに全くお金が足りないときです。趣味にお金を散財してしまい、お金がたりず、また貯金も少ないのでそのようなときは困ります。

また古い車に乗っているのでたびたび修理箇所が見つかりカーディーラーから修理を薦められて応じるのですが支払に困ったときに今すぐお金が欲しいと思います。

また家も古く、木造住宅なので行政より耐震工事に対して補助金を一部負担してくれるという話もあるのですが、それでも自己負担分も大きいので今すぐお金が欲しいとも思います。

耐震工事をしていないと全壊の恐れがあるそうなので急いでいます。また外国車で新しいものが発売されると今しか買えないと思い、今すぐお金が欲しいと思います。

特別仕様車などカーディーラーも興味をそそる商品を出してくるので。また転勤を命じられてそれに伴い転居をしたときに今すぐお金が欲しいと思いました。一人暮らしとはいえ荷物が多いので引っ越しの費用もばかになりませんので。

やはり安全のために大手の引っ越し業者に頼むのでそれなりに費用もかかります。また郊外の鉄道もないような地域に住んでいるので車がかかせず、ガソリン代がとてもかかるのでそのとき今すぐお金が欲しいと思います。

最寄りの銀行まで往復15キロかかるような地域なので本当に思います。またお祝いなどで急な出費が必要なときは本当に思います、親戚の中でも年長なのでお祝いは多めに渡すのです。

同じものなら少しでも安く手に入れよう。

私がよく頻繁に使っているクレジットカードはルミネカード。

通勤途中のターミナル駅にルミネがあるので乗り換え時に寄り道することが多いことが入会のきっかけでした。

また年に数回10%オフの期間があるだけでなく、いつでもカード支払いにすると引き落とし時に5%オフになるというメリットがあるから。

これがファッションだけに限らず、食品やレストラン、書籍にも該当するということで使わない手はない。

書籍などはどこで買ってもたいていセールになることはないので金額は一律だが、その書籍すらも5%オフになるのなら少しでも安く手に入れたいと思うのが女心。

年会費が無料のクレジットカードもたくさんある中でルミネカードは初年度は年会費無料のクレジットカードだが2年目以降は年会費が必要となる。

それでは5%オフや10%オフくらいでは元は取れないのではと思いがちだか、買い上げ金額がポイントに換算されお買い物券として使えることが出来るようなので、メインカードにしておけば年会費分くらいは捻出出来そう。

ネットで買い物用にクレジットカードを作りました。

私は何枚かクレジットカードをもっていますが、最近ネットで買い物をすることが多くなったので、私がよく利用するネット通販の会社のクレジットカードを作ることにしました。

普通にカードを使った時には1パーセントほどポイントが付くのですが、そのネット通販サイトで買うと、2パーセントがつくのでとても得だと感じています。

なので、ついつい、そのサイトで買い物をすることになり、結局そのネット通販の会社の思うつぼだなと思ったりもします。